海上保安官対策の予備校評判&口コミ

MENU

海上保安官対策の予備校評判&おすすめ

簡単に言えばは海上のでトラブル対処、監視、取締、事故救助、海の交通整理などの業務を任されている海の警察官的な存在です。最近では映画やドラマでお馴染みの「海猿」で知名度がぐーんと上昇しましたね。実際にテレビの影響で海上保安官に憧れて就職・転職を希望する方は結構多いみたいですね。それでは海上保安官になるにはどうすればいいのか?簡単に解説していきたいと思います。まずは海上保安大学校か海上保安学校の国家公務員採用試験を受験して合格することです。ちなみ大学校は幹部候補生採用で学校は一般採用ですので、難易度は結構異なります。高校生・専門学生などの受験生が多いのが特徴で内定されると学校に入学して一定期間養成課程を受けることになります。例えば海上保安大学校のケースだと卒業するまで4年、海上保安学校だと1年~2年位掛かります。ポイントは授業料無料でさらに給料まで貰えることです。勉強しながらお金を貰えるなんてこれほど恵まれている教育環境は少ないですね。卒業後についても研修等がありますので、実際に現場で活躍するまでには結構時間が掛かる職業の1つです。ちなみ海上保安大学校出身者はそこそこの出世は期待できますが、国家総合職・・・いわゆるキャリア官僚と比較する出世スピードは明確に遅いのが特徴的です。海上保安庁の最高幹部を目指したいのであれば国家総合職受験をおすすめします。

 

海上保安官対策予備校おすすめリサーチ

 

海上保安官予備校評判&口コミを徹底分析リサーチ!

 

体験談や2ch口コミなどインターネットから情報を集めた結果、

 

下記の海上保安官対策予備校がおすすめ!

 

TACや大原で海上保安官講座がありますので、視野に入れてみてください。ちなみTACは大卒程度、大原は高卒程度におすすめです。

 

費用・料金等の値段についてもコストパフォーマンスに優れていますし、社会人への夜間講座対応しているスクールもあります。