国家総合職対策の予備校評判&口コミ

MENU

国家総合職対策の予備校評判&おすすめ

官僚になるための国家公務員試験である総合職区分について少し紹介していきたいと思います。旧国家Ⅰ種試験で難易度については司法書士・公認会計士と同等クラスと言われ日本ビック3の国家試験と言われています。学歴で言えば圧倒的に東京大学が多く、京都大学、一ツ橋大学出身者など旧帝国大学出身者が多くを占めるのが通例です。私立大学でも内定を勝ち取るケースはありますが、官僚組織の最高ポストである事務次官を狙うのであれば東京大学を卒業することをおすすめします。ほとんどの中央官庁の歴代事務次官の出身は東京大学ですので。

 

テレビやニュース等で度々「官僚」のキワードが出てきますが、それらは国家総合職採用組の超エリートということになります。ちなみに本省課長級以上のポストに就いている職員を高級官僚と呼ぶこともあります。

 

さぞかし高い給料・年収を国民の税金から貰っているのだろう・・・一般の民間企業のサラリーマン・OLの勤務の方には妬みからあまり国家公務員のことをよく思わない方が多いのが最近の実情ですね。しかし、実は国家総合職の年収はあれほど残業が多いのにも関わらず省庁ごとの予算の関係で残業代がほとんど支払われていないという現状があります。20代~30代前半の若い時期は部署によっては時給計算すると相当低いと言われています。結構、「悪知恵を働かせている頭のいい奴」みたいなイメージを持っている方もいるようですが、ほとんど方は純粋に日本をよくしたいと思っている方ばかりです。給料よりもやりがいに魅力のある仕事と言えるでしょう。

 

国家総合職対策予備校おすすめリサーチ

 

国家総合職予備校評判&口コミを徹底分析リサーチ!

 

体験談や2ch口コミなどインターネットから情報を集めた結果、

 

下記の国家総合職対策予備校がおすすめ!

 

費用・料金等の値段についてもコストパフォーマンスに優れていますし、社会人への夜間講座対応しているスクールもあります。

 

主にWセミナー、LEC東京リーガルマインド、大原、伊藤塾、実務教育出版、Z会などがおすすめです。特にWセミナーは合格実績に優れているので注目度は高いです。

 

一般的に国家総合職通信講座費用・学費が安い・格安を見つけるのは難しいかと思いますので、それほど費用・学費の値段・価格を気にしないで選ぶことをおすすめします。