国家一般職対策の予備校評判&口コミ

MENU

国家一般職対策の予備校評判&おすすめ

主にオーソドックスな試験で、国家公務員採用の中でも受験者数が多いのが特徴的です。一般職の難易度については県庁上級試験と同等程度と言われてます。将来の官僚になる試験ではないので、何となくそれほど難しくないイメージを持っている方もいるようですが、早稲田大学や慶応大学の受験者が多いと知られている国家公務員一般職はそれほど簡単に合格できる甘い就職試験ではありません。出世については総合職と比較すると残念ながら現在の制度だと圧倒的に遅いのが特徴的です。50代の国家一般職が新卒数年後の20代総合職の部下になる可能性は十分にあります。結構、子供と同じ位の年下の上司に怒られたり、指導されたりするのは辛いものです。20代官僚とタメ口・敬語の関係は正直退職前のベテランからするとキツイですよね。それを考えて頑張って官僚になるための試験に挑戦するのもアリだと思います。出世・年収共に官僚コースと職員と比べると劣りますが、口コミ体験談では本省は確かに激務のようですが、地方の出先機関だと結構のんびりした雰囲気で仕事ができるので働きやすいのだとか。官僚と言えば日本全国いろいろ転勤しますし、時には海外勤務になることも・・・。そういった意味では国家一般職採用組の方が安定しているのかもしれませんね。ちなみに国家一般職の通信講座スクール情報については下記の通りになります。

 

国家一般職対策予備校おすすめリサーチ

 

国家一般職予備校評判&口コミを徹底分析リサーチ!

 

体験談や2ch口コミなどインターネットから情報を集めた結果、

 

下記の国家一般職対策予備校がおすすめ!

 

費用・料金等の値段についてもコストパフォーマンスに優れていますし、社会人への夜間講座対応しているスクールもあります。