国家公務員予備校おすすめ【最新の試験対策】

MENU

国家公務員予備校おすすめ&評判【最新の試験対策】

当サイトは最新の国家公務員試験対策の情報やノウハウを提供する国家公務員予備校おすすめランキングサイトです。

 

総務省平成23年度3次補正予算『海外への情報発信強化』事業に関する映像コンテンツの企画選定結果、「海外への情報発信強化」選定結果ホームページと当サイトは全く関連ありません。

 

公務員学校を比較したい方は必見です!

 

近年の試験難易度について

 

国家公務員試験の難易度推移の特徴を挙げると景気に左右されやすい傾向があると言われています。例えばバブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災の後は安定志向の高校生・大学生が急増して受験希望者が多くなると言われています。逆に景気が良くなるとある程度就職希望が民間企業へシフトして行きますので、難易度は低下するケースが多いと言われています。

 

本題である2015年、2016年においてどのように推移して行くのか?という問題ですが、アベノミクス成功・失敗の影響は結構出てくるのかなと思います。

 

しかし、アベノミクスが成功しても、これまでの景気悪化を見てきた若者からするとやはり安定志向を変えない人は多いと思います。例え景気が良くなっても急に大幅に受験者数が減ることは考えにくいと言えます。

 

ただ、団塊世代が一気に抜けた穴を補充するために大量の募集してくるケースが考えられますので、今後、国家公務員試験を受験する方にとってはチャンスと言えるのではないでしょうか?

 

しかし、受験者のレベルは上がっていると個人的に考えています。その理由は国家公務員予備校・通信講座で力を入れている会社が増えてきている点です。

 

講座・コースの種類についても非常に多岐に渡ってサービスを提供している資格の学校も結構ありますし、それを利用して筆記試験対策や面接試験対策をしている方が学生・社会人共に多いのです。

 

現役合格するコツはやっぱり予備校?独学では難しいの?

 

国家一般職・総合職を受験する方の多くは最初に費用・学費を掛けないで独学で勉強するか、多少費用・学費にお金をかけて勉強するか?で悩むと思います。

 

ぶっちゃけ言えば独学で一発合格している方は確かに結構いますが、個人的な経験を言えば効率的に勉強したい方、面接試験対策をガッツリしたい方については国家公務員予備校を利用することをおすすめします。

 

特に国家総合職はキャリア官僚になるための超難関試験です。東京大学出身の優秀な学生が受験しても落ちるケースがあるくらいですので、独学で勉強するより、できるだけ学費・費用を安い・格安にしてでも国家公務員予備校を利用したいところです。当サイトで紹介している塾・スクールは国家公務員予備校で評判&口コミの人気がある学校ですので、気軽に比較して選んで頂ければと思います。

 

公務員予備校のランキングをチェック!